amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

イノベーションと企業家精神 【書評】

ちょいちょい記事にも書いてますが、私はドラッカーが好きでドラッカーの本を良く読みます。その中でも一番好きなのが、今回のタイトル「イノベーションと企業家精神」という本です。

 

この「イノベーションと企業家精神」という本は、私が一番好きな本なんですが、あまり語られる事がない本だと思います。ドラッカーというと「もしドラ」の本の中にも出てくる「マネジメント」や、実際のビジネスマンがどのように仕事をすべきかを語った「経営者の条件」が有名だと思うのですが、私は断然「イノベーションと企業家精神」を推したいと思います。

 

では、早速この「イノベーションと企業家精神」という本の内容を紹介したいと思うのですが、この本は大きく二つのパートに別れていて、イノベーションを起こす為にどういった事に着目すべきか?という事について書かれた前半と、実際にイノベーションを起こす為に、会社は何をすべきか?どういう戦略をとり、どういう組織を作ればいいか、という事が書かれている後半に別れます。

 

で、「イノベーションと企業家精神」前半部。まずのっけから眼から鱗が落ちたのが、イノベーションは技術的な事に限らない、むしろ社会的な影響から考えると、技術的なものでないイノベーションの方が影響力が強いという事。

 

割賦販売というイノベーションが発明された事によって、消費者の購買力が上がった事。マキャヴェリが「君主論」を書いた事によって、近代政治に大きく影響を与えた事。日本が明治維新の際に技術的な事は海外から輸入し、学校や銀行や労組のような公的機関を整備したから近代化に成功した事が本書「イノベーションと企業家精神」には挙げられています。

 

このようなイノベーションとは何かという話からはじまり、次にイノベーションを起こす為に、どこに着目すれば良いかについて書かれている。

「イノベーションと企業家精神の7つの機会」

1.予期せぬ成功と失敗を利用する

2.ギャップを探す

3.ニーズを見つける

4.産業構造の変化を知る

5.人口構造の変化に着目する

6.認識の変化をとらえる

7.新しい知識を活用する

 この7つのイノベーションの着目点は、同時にイノベーションの成功率順にもなっていて、1が一番簡単で7が一番難しいとなっている。また、1~4は企業や産業や市場内部で発見出来る事となっていて、5~7は企業や産業の外部で見つける事が出来ると書いてある。この7つの着目点を体系的に観察する事によって、「ビジネスになる」イノベーションを起こす事が出来る。

 

 「イノベーションと企業家精神」の後半は、前半に語られた着目点によって着想されたイノベーションのアイディアを実践するには、どのような組織・どのような戦略が必要かという事について語られる。

 

特に組織については、財務はこういう風にした方が良い、人事に関してはこういう風にした方が良いという多くのアドバイスを得る事が出来るし、その考え方には脱帽せざるを得ない。

 

最後に、多くの人は仕事の中で、イノベーションとかそういった事に関わらない人が多数だと思う。けれども、特に前半部分のイノベーションの着目点に関しては、自分が仕事をする上で、また仕事以外でも、アイディアを考える時にはどのように考えたら良いか?という事を考えさせられる内容でもあるので、興味のある人は是非この「イノベーションと企業家精神」を読んでみて欲しいと思います。

 

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

 

 

ドラッカー名著集5 イノベーションと企業家精神: 5

ドラッカー名著集5 イノベーションと企業家精神: 5

 

 

お前らがぎゃーぎゃーうるせえから、中小ブログにはてぶが付かなくなっただろうが。

お前らが身内ではてぶするのがどうだ、はてなブログのトップにトマト画像ばっかりになるとかぎゃーぎゃー喚きやがるから、最近はてなブックマークされる数が減っちまっただろうが。

 

確かに、それでもはてなブックマークされてるブログやサイトはあるけれども、だいたい大手の有名ブログばっかりじゃねぇか。そんなとこはだまってたって話題になったり、他のブログで取り上げられたりするんだよ。

 

でもよ、はてなブックマークのおもしろいところってそういう所だけじゃねーだろうが。自分が知りもしないようなブログの記事を、どっかのだれかが評価してあがってくるから、おもしれえんじゃねーかよ。

 

それを自分の価値観にあわねえってだけでぎゃーぎゃー喚きやがるから、そういう中小のおもしろいブログの記事があがってこなくなっちまっただろうがよ。はてなブログのトップページがトマトだらけになったからって、そんなの一時的な事に決まってんだから、それが多少気に入らねえからって騒ぐんじゃねーよ。

 

そんなに気にいらねえんなら、むしろ自分がもっとおもしろい記事書いてトマトに割こみゃいいじゃねえか。

 

あー、もう本当に下らない。だいたいどんな規則やシステムだって万人に上手くは働かない。だからこそ、そのシステムや規則を上手く使っていくって事が大事なのに、そんな事はおかまいなし。何にもしないで、ただ待ってれば自分が望む有益な情報が、自分が望んだ形で来るとでも思ってるんだろうか。

 

それよりも、まずは情報が自分の所に上がるようにして、その情報を自分が仕分けるってのが現実的な話だろうが。あーつまらん。

人に何かを教える時に注意した方が良い7つの事。

何でか良くわからないけど、小さい頃から人にものを教えるのが上手いと言われる。自分ではあまり意識してなかったけども、教える時に気をつけている事がいくつかあるので、それをまとめてみたいと思います。何かのお役にたてば幸いです。

 

1.「わかった」かどうか聞かない。

人に物を教えた後に、教えた事をわかったかどうか聞く人は多い。せっかく教えたから聞きたくなるのはわかるけど、実は聞いてもあまり意味がない。わかってない人はわかったかどうかもわからないので、「わかった」と言ってしまう事がある。また、慎重な人はほとんどわかってるのにも関わらず、「完璧に」わかってないので、「わかりません」と答える時がある。だから、直接「わかった」かどうか聞く事にあまり意味がない。

 

まあ、聞くぐらいならまだしも、「わかった」と答えた人が実際にわからなかった時に、怒ったり嫌味を言ったりする人がいる。そんな事を言うと、教えられている方は委縮するだけなのでやめた方が良い。では、どうしたら良いか?。簡単である、「今、説明した事を私に説明してみて」と言えば良い。わかってるかどうかすぐにわかる。もちろん、わかってない場合はきちんと教えてあげる事。

 

2.決して怒ったり嫌味を言ったりしない事。

スパルタ教育と称して、脅したり嫌味を言う事で学ぶ事を煽る人がいるが、百害あって一利なし。そういう事をすると、教えてもらう事を学ぼうとするよりも、教える人の顔色をうかがう事に集中する事になる。また、わからない事があっても恐がって、わからない部分を聞こうとはしなくなる。怒りたくなる気持ちもわかるが我慢しよう。もし我慢できないというのであれば、あなたは教える事に向いてない。出来るだけ、教えるという事に関わるのはやめよう。

 

3.覚えるべき事を教えよう。

仕事でも勉強でも、頻繁に出る事とたまにしか出ない事がある。頻繁に出る事は、その事を伝えて覚えて貰うようにしよう。また、そういう事はノートやメモにとって貰う事にしよう。ノートに取ってもらう事を遠慮する人がいるが、そういう事に腹をたてる人はあまりいない。大事な事はきちんと大事だと伝え、記録して貰った方がお互いに良い。

 

また、逆に全部を覚えさせようとする人がいる。そういう事は非効率だし、そもそも全部を覚えるという事自体が難しい。重要な事とそうでない事をきちんとわけて、重要な事は覚えてもらうべきである。一方でたまにしか出ない事は、調べ方だけ教えて、「忘れても良い事」と伝えよう。そうすれば、覚えるべき事に集中してくれる。

 

4.判断基準を教えよう。

Aの時はA’をやって下さい。Bの時はB’をやって下さいというような事は、たいがいの人が理解できる。人は失敗するのは、この仕事はAの時とBの時があります、Aの時はA’、Bの時はB’をして下さいと判断を必要とする時だ。こういう時はきちんと時間をとって、どうやって判断するのかの基準を教えよう。できるなら、その理由まで説明すべきだ。

 

判断基準を教えないで、ただこういう時はこうしろと機械的に教えると大概そこで失敗するようになる。どういう風に判断するのかを教えないからだ。判断基準を教えられないのは、実は教える方が判断基準を理解していない場合が多い。何かを教える時は、教える前にまず自分が教える事を一度振り返ってみる事。

 

5.教えられる人にあわせて、教える内容も選ぶ事。

教える段階が1から10まであるとする。もし教えられる人が3の段階にいるのなら、4の段階の事を教えよう。7の段階なら8の段階の事を教えよう。それをいきなり10の段階から教えようとすると失敗する。それは、教える人がすでに10の段階にいるから、そういう事になりがちなんだけれど、それではかえって教えるのに時間がかかる。教わるの人にあわせて、教える内容をあわせないといけない。その為には、教わる人を良く観察する事。1にも書いたけど、説明する事を促しても良い。

 

6.思いつく限りの簡単な表現を使う事。

5で書いた事と通じるけど、言葉は専門用語を使う事を避け、出来るだけ簡単な言葉を使う事。昔、コールセンターでPCの操作を教える仕事をしていたけれど、年配の人などには特に平易な言葉を使う事を心掛けた。例えば、Altキーの事を、「パソコンの左下の方に、エーエルティーというボタンがあるかと思いますが・・・」というように言っていた。それぐらいわかるだろう等と思わない事。逆にわかる相手であれば、「オルトキーですね」などと言ってくる。そうしたら、オルトキーと言えば良い。面倒だとか、時間がかかると思わない事。ちなみに私はこのコールセンターでの一回あたりの通話時間は平均をはるかに上回って短い。

 

7.冒頭で概要と流れを説明する事。

何かを教える時に、最初に教える事の概要やそれがどういう意味があるのか教える事。また、研修等であれば、いつ休憩にはいるのか、今日はどこまでやるのか、どんな事をやるのかを説明する事。教えられる方は全体像がわからないと自分がどんな事をやるのか不安になってしまう。人は不安になると、知識が頭の中に入らなくなる。また、資料等を読んでいる時は、ページをめくった時にページ数を言おう。また、見出し等をいったん読んでから説明に入ろう。説明が下手な人ほど、聞いている方はどこを教えてるのかわからないものである。

 

久しぶりの長文になりましたが、きっと役にたつと思います。人に何か教えるような事がある人は、是非、読み返してみて下さい。

 

【参考】

ちなみに今まで読んだ本の中で学んだり教えたりする事に参考になった本に「経験学習」入門という本があります。お薦めの本ですがあまり話題になりません。興味のある方はどうぞ。

「経験学習」入門

「経験学習」入門

 

 

「いつやるの、今でしょ!」でおなじみの、林修先生の思い出

もう十数年前になるが、昔、東進ハイスクールという予備校に通っていた。そこで、英語とか現代文の授業を受けていたけれど、その時に「いつやるの、今でしょ!」でおなじみの林修先生の現代文も受講していた。

 

今では、独自の視点で切り込んでいくコメントする林修先生だが、当時はいじられキャラの側面も持っていた。特に同じ東進ハイスクールのヒロマサ先生(ちょっと漢字が思い出せない)という英語の先生とのやりとりは笑わせてもらった。

 

その英語のヒロマサ先生はちょくちょく、「現代文の林先生っているでしょ?」という話で始まり、有る事無い事しゃべっていた(笑)。例えばこんな具合である。「現代文の林先生、林修先生っているでしょ?、あの先生って本当はリン・シュウっていう中国人なんだよ」

 

そして、今度は林修先生の授業。「あのさ、英語のヒロマサ先生っているでしょ?、あの先生、嘘ばっかりいうから真に受けないでね。リン・シュウって名前の中国人とか言ってるけど、違うからね」

 

まあ、毎回こんな感じでボケとつっこみといういいコンビだった(笑)。そんな林修先生、当時は「予備校教師なんてこれから少子化の時代でどんどん儲からなくなるから」というような事を何かあるたびに言っていたが、あれから十数年、林修先生は今やタレント・芸能人と言っても良い人気講師である。

 

知名度があがって、「今でしょ」ばっかりがクローズアップされているけど、授業は大変わかりやすくおもしろかった。現代文の先生というだけあって、読んだ方が良いという本も授業でたびたび推薦していた。その中のいくつかは自分も実際買って読んでみた。例えば「名画を見る眼」だ。

 

私は美術とかまったく興味がないけれど、その時はなんとなしに読んでみた。内容としては、有名な画家の有名な絵をとりあげて、この絵はこういう意味があるとか、当時の宗教との関係とか、初心者にもわかりやすく書いてある本だった。結局、今でも美術とかにそれほど興味をもっている訳でもないけれど、美術家達がいろんな事を考えそれを表現しようとしていた事は理解出来るようになった。

 

そんな、現代文講師・林修先生ですが、最近は有名になったからか、書店等にも先生の本が並ぶようになった。ついつい手にとって、あー、林先生はこういう事言いそうだな、とか、こういう事考えながら先生は授業していたんだな、とか懐かしく思いながら読んでいます。

 

名画を見る眼 (岩波新書)

名画を見る眼 (岩波新書)

 

 

 

続 名画を見る眼 (岩波新書 青版 E-65)

続 名画を見る眼 (岩波新書 青版 E-65)

 

 

 

受験必要論 人生の基礎は受験で作り得る

受験必要論 人生の基礎は受験で作り得る

 

 

 

林 修の「今読みたい」日本文学講座

林 修の「今読みたい」日本文学講座

 

 

エロ本を主力にする書店は潰れる。そしてブログ論

随分なタイトルですが、そのまんまの意味です。とはいえ、これでは何の事かさっぱりだと思うのでちょっと説明しますね。

 

昨今、書籍のネット販売が盛んで(というかほぼamazon)、一般の店舗を持つ書店がかなり苦戦しているというような話は結構聞くと思う。私は出版業界の人間ではないので、本当にそうかどうかはわからないが、ここ数年は自宅の周りにある書店がどんどん潰れていった。

 

なかでも、個人で経営しているような書店は、数えたらきりがないというほど潰れていったと思う。で、そんな潰れて行った個人経営の書店なんだが、たまたまなのか、だいたい潰れる直前は、急に品揃えを変えてエロ本ばっかり置くようになる。ひどいのになると、むしろ書店じゃなくてエロ本屋なんじゃないかとおもうぐらいになっている。

 

いったいこれはなんなんだろうか?。という訳で色々調べたら、というかほぼ予想通りだけれども、エロ本の利益率はとても高いようだ。だから、利益率の高い儲かるエロ本を沢山ならべたという事なんだろうけども、じゃあなんで潰れるのだろうか?。

 

それって多分、エロ本が利益率が高くてもみんながみんな頻繁に買う商品じゃないからだと思う。それに比べたら漫画の単行本は利益率が低いかも知れないが、人気漫画の単行本なんて何冊売れるか。今人気のワンピースや進撃の巨人なんて、置いとけば売れるだろうし、定期的に新しい巻が出てくる。1冊1冊はエロ本に負けるかもしれないけど、全体的にどれだけの売上と利益をもたらすのやら。

 

また、こんな話を聞いた事がある。漫画の週刊誌は全然利益にならないと。しかしそういう商材を置く事によって、店舗に足を運んでもらえるとの事。現在は漫画の週刊誌の多くはコンビニで取り扱うようになったけど、何も漫画の週刊誌だけが客寄せの為の商材じゃないだろう。逆にエロ本ばっかりじゃ来る客もこないだろう。

 

結局エロ本だけじゃなく、そういう色々な商材をバランス良く置く事によって、商売ってのは成り立つんじゃないかと思う。そんな事を考えたらブログにも同じような事があるんじゃないかと思うようになった。

 

この前、たまたま書いた記事が自分が予想もしてなかったのに、ちょっとしたはてぶになり、通常では考えられないほどアクセスが来た。しかし、はてなブログのトップページに表示されなくなると、アクセスは急激に減った。

 

それでも、そのおかげで随分と、はてなブックマークを付けて頂いたり、読者登録して頂いたりで、以前よりアクセス数が増えている。一方で今まで書いた記事で割と上手くかけたなと思う記事は検索エンジンの上位に表示され、少ないながらも継続的なアクセスを呼びこんでいる。

 

どちらがいいという事じゃなくて、それをバランス良く組み合わせて行く事が人に見てもらうという事になるんじゃなかろうか?。

ガールズ&パンツァーことガルパンの水島努監督がアニメーション神戸賞・個人賞受賞

ガールズ&パンツァーことガルパンの水島努監督が、「アニメーション神戸賞」の個人賞を受賞されたようです。アニメーション神戸賞というものをしらなかったので調べてみると、神戸市がアニメーションの振興事業として開催しているもので、今年で18回目(毎年1回開催)の開催となるようで、結構歴史のある賞のようです。

 

ガルパンみたいな売り込み優先ではない作品がこういったものに評価されるってのはとても良い事だと思ってます。来年には映画も上映されるという事で楽しみです。

 

ガルパンの魅力に、大洗との地元密着というのがあると思うんですが、ついに大洗のガイドブックが発売されるようです。その名も「大洗ガルパン・トラベル・ガイド ~ガルパン聖地巡礼の手引き~」だそうです。アニメで登場しなかった大洗の場所なんかもガイドされるようで、こういったもので、大洗が盛り上がれば良いなと思ってます。

 

アニメが終わっちゃったら、全然人がこなくなったみたいのだと寂しいけれど、ガルパンの放送が最終回を迎えて終わったのにもかかわらず、「大洗ガルパン・トラベル・ガイド ~ガルパン聖地巡礼の手引き~」なんてのがでて、ますます活性化するのは良い事。

 

お薦めの本ある?~読書について~

最近、気付いた事がある。「お薦めの本ある?」というような人に限って、本なんて読まないという事だ。

 

私は、普通の人よりは本を読む方だと思う。それは、好きだから読んでいるんだけれども、どうも世の中には、賢くなる為にとか、語彙を増やす為に読んでいる人の方が多いようだ。もちろんそれはそれで、結構な事だけれども、そんな人に限って本を読んでいない。または読んでいてもうろ覚えで、内容なんてたいしてわかっていない。

 

で、冒頭の一文へと繋がっていくんだけども、たまたまなんだろうか?。こんな事がある。

 

誰か「さいきんさー、もしドラって本読んだんだけどドラッカーってしってる?」

俺「もしドラは読んだ事ないけど、ドラッカーの本は全部読んだよ」

誰か「へー、すごいね。ドラッカーについて色々教えて

~中略~

誰か「俺くんって色々本読んでるんだね、お薦めの本あったら教えて」

俺「ドラッカーの本、適当に読めよ」

誰か「いや、ドラッカーは難しいから、もっと簡単なお薦めの本ない?」

 

ってな感じの話になる。で、いちようその人にあいそうな本を考えてその人にお薦めの本を紹介する。で、後日、紹介したお薦めの本読んだ?って聞くけど、まー読んだという人にお目にかかった事が無い(笑)。

 

いや、別に読書なんて趣味なんだから、読もうが読むまいがどっちでもいいんだけど、わざわざ人にお薦めの本、聞いたんだから物は試しで読んでみりゃいいじゃないの。とまあ、かように思う訳ですよ。

 

逆に、今まであった人で、この人は本を読んでるなって人は、まあまず、お薦めの本なんて聞いてこない。定期的にどこでそんな本を知ったんだ?って思うくらいバリエーションにあふれた種類の本を読んでいる。多分、すごくアンテナがはってあるんだろうなと思う。

 

 こんな風に書いておいてなんだけれども、お薦めの本を読んだくらいじゃ、賢くならないよ。お薦めの本を読むにしたって、本を読んで、考えて、その考えに基づいて行動して、また本を読み返して。でも、それって多分本を読む事が好きじゃないと出来なくて、逆説的だけれども、賢くなりたいとか、語彙をふやしたいなんて動機じゃまず無理。私はそう思う。

 

でも、それはお薦めの本を読む事に限らなくて、考えて行動するんじゃなきゃなんの身にもならない、どうせそんなつらい事に挑むなら、少なくても自分の好きな事にした方が良いと思う。その好きな事が読書だというんならどうぞおやんなさいな。