amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

友達5年説

最近、漠然と思っている事があって、それは、5年以上付き合いがある人は、その後も付き合いがあって、5年経つ前になんかもう、付き合いがなくなってもいいかなって思う人は、やはり続かない。

 

友人関係がずっと続くか続かないかは、5年が目処だというのが、個人的な経験からわりだされた数字。

 

一体これはなんだろうと思う。割と仕事絡みでの付き合いもあるしとか思っても、イマイチだなと思う関係は、長くても付き合いが5年で終わってしまうし、逆にあんまり会う機会がなくても、5年以上関係が続く人は、それ以降も続く。

 

その区切りは4年でも6年でもなく、だいたい5年だ。

 

この差はなんだろうと思って、今までの対人関係を振り返ってみると、やっぱり人付き合いが続くかどうかは、礼儀正しさや常識の有無であって、面白いか、話が合うかではないというのが、私の結論だ。

 

これはお互いに必要で、自分自身に常識がないのは言うに及ばず、いくら自分が我慢していても、常識がない人に対しては、こちらも対応が雑になっていく。それでだいたい我慢の限界が5年なんじやないか?ってのが今の私の考え。

 

しかしだからと言って、この人は常識がないなとか、関係がつづきそうだなとか思うのは早計。結局、そんな事を考えなくても、続く人は続くし、続かない人は続かない。それは5年たてば嫌でもわかる。というのが、本日の話のオチ。