amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

とことん遊んじゃえば良いじゃない。

私はゲームをするのが好きなので、ゲームが好きな知人や友人も多い。そういうゲーム好きの知人や友人などが良くいう事で、「俺、こんなにゲームやってていいんだろうか?」とか、「ゲームにこんなに金つかっちゃって馬鹿みたいだな」とか言う。

 

そう思うんなら、辞めりゃあ良いんじゃないかと思うんだが、まあ辞めない。

 

正直、そんなに気にするような事なのかと思う。ゲームをやらない人の為に言っとくと、ゲームはとてもお金のかからない遊びだ。

 

毎月1つ新しいTVゲームを買っても、1万円しないだろう。また、遊び方によるだろうけど、だいたい半月から1ヶ月は遊べる。ちなみに私は4000円で買った外国のゲームを1年以上やっている。

 

こういう事はゲームに限らない。例えば、「また、本買っちゃったよ~」とかそういう事を言う人もいる。けれども、毎週1冊本を買っても月1万はいかないだろう。だったら気にする事もないと思う。週に1回ボーリングに行こうが、少し高めのランチを食べようが、漫画喫茶に行こうがだいたいそれくらいかかる。だから気にする事はない。

 

要は無駄遣いしたかどうかではなく、その金額に見合った楽しみや喜びを自分が感じる事が出来たかどうかだと思う。その金額に見合った楽しみがあって、自分の収入に見合った出費であれば、どんどん楽しんで使えば良いと思う。

 

結局、「俺、こんなにゲームやってていいんだろうか?」とか、「ゲームにこんなに金つかっちゃって馬鹿みたいだな」なんて言う人は、ゲームだけじゃなくて、自分の仕事とかにも満足出来てないのかもしれない。だとしたら、それよりもきっちり仕事は仕事でして、余暇は思いっきり遊べばいいと思う。その方が楽しいよ。