amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

「作業」が必要なのか、「アイディア」が必要なのか?

最近、仕事等をする時に気をつけている事がある。それは、今から自分がする事を、「作業」が必要なのか「アイディア」が必要なのか区別する事。

 

「作業」が必要な事というのは、特に何も考えたりする必要があまりなく、手を動かせば出来る事。手順や対応が決まっている仕事。何かをノートに書き写したりメモを取ったりする事。また、仕事ではないけれど、私は家計簿をつけているので、それも作業に分類されるだろう(レシートを見直して、エクセルに入力し、必要があれば電卓をたたくだけなので)。

 

「アイディア」が必要な事は、主に何かしらの考え・思考が必要な事。例えば、仕事する中で、どういう風にしたら上手くもしくは楽に出来るかと考えたり、お客さんと交渉したり打ち合せたりと、対応や判断が必要な物。またブログを書くのも文章を考える・書く内容を考えるという意味で「アイディア」が必要な事に分類してる。

 

だいたいの仕事や行動はこのどちらかに分けられると思うけれど、この分類に応じて処理して行くと上手くいく。

 

「作業」が必要な事はとにかくやるしかない。でも一方でやるのは、可能であれば音楽聞きながらやろうが、疲れてる時にやろうがあまり変わらない。自分の例で言えば、家計簿は音楽やラジオを聴きながらやっている。ながら作業でも、効率や結果はあまり変わらない。書きとめたメモをiphoneで取りこんで、電車に乗ってる時にチェックなんて事も今や簡単な時代だ。チェックしたり読めば良い「作業」はどこでもできる。

 

逆に「アイディア」が必要な作業は、集中が必要だ。ながら作業だと上手くいかないし、疲れてる時にも上手くいかない。だから、1日のうちでは早めにやっておく方が良い、出来れば朝一番だ。また、時間をかければ上手くいくという訳でもない。時間の見積もりがしにくい。そういう意味ではやはり朝一で取りかかるのが良い。

 

これは、自分だけかも知れないけれど、終わりが見えないで延々と何かをしているのはあまり好きではない。1時間なら1時間、2時間なら2時間とか、ここまでやったら区切りがいいから、ここまでやるという風に、ゴールが見えている事をする方が気が楽。

 

1日の仕事も、午前は「アイディア」が必要な仕事で、午後は「作業」が必要な仕事という風になってるとやる気もわく。そんな風に仕事をするようになったら、最近とても気が楽になった。