amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

ストレングスファインダーについて

私は読書が趣味なので、色々な本を読んでいるけれど、中には何回も読みなおしたくなる本が沢山ある。それは小説だったり、ビジネス書だったり、歴史の本だったりする。音楽や映画の批評本を読んだりもする。今回は私が何回も読みなおしたくなる本、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」について書いてみます。

 

まずは、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」という本の概要について。まず、この本はWEB連動になっていて、本に1つIDコードがついてくる。そのIDでWEB上にあるストレングスファインダーという性格判断を受けて、その人、個人個人特有の資質を探りあてようというもの。資質とは以下のようなもの。

 

アレンジ/ 運命思考/ 回復志向/ 学習欲/ 活発性/ 共感性/ 競争性/ 規律性/ 原点思考/ 公平性/ 個別化/ コミュニケーション/ 最上志向/ 自我/ 自己確信/ 社交性/ 収集心/ 指令性/ 慎重さ/ 信念/ 親密性/ 成長促進/ 責任感/ 戦略性/ 達成欲/ 着想/ 調和性/ 適応性/ 内省/ 分析思考/ 包含/ ポジティブ/ 未来志向/ 目標志向

 

ストレングスファインダーのテストを受けると、この素質の中の上位5つの素質が判明するので、その素質を活かして仕事をする事によって生産性を高めようというのがこの本の大まかな趣旨。この本について色々思う事を書いてみる。

 

 ストレングスファインダーでわかるのは「資質」、「強み」ではない。

本にも書いてるけど、ここの区別をしっかりしてる人は少ない。どういう事かと言うと、ストレングスファインダーの34項目は資質であって、もっと噛み砕いて言うと、あなたはこういう事に向いてますよ。こういう事の習熟が早いですよという意味であって、「資質」=「強み」ではない。

 

では、ストレングスファインダーの強みとはどういう事か?。「強み」とは、何かが上手く出来る、それも普通の人と比べて圧倒的に上手く出来る事。加えてその圧倒的に上手く出来る事がコンスタントに出来る事。人は失敗もするし、まぐれあたりもする。「強み」がある人は圧倒的に上手く、そしてコンスタントに出来る。

 

例えば、戦略性という素質がある。だからといって、戦略性の素質がある人が、なんでも適切に考え、正解を導くという訳では無い。戦略性に加えて、戦略の知識と経験が必要だ。そしてそれは戦略性に限らずすべての資質に言える。でも、知識や経験を得るには時間がかかる。だから、自分は何に向いてるのかを自覚してそれに合わせた知識や経験の取得が効率が良い。

 

このストレングスファインダーを活かすのに、自分は以下の様な事をしている。

  1. まず、折にふれ、ストレングスファインダーの本を読みなおし、思いついた事を書きとめておく。
  2. その思いついた事を実際にやってみる。
  3. 1週間おきに実際にやった事を振り返ってみる。
  4. もし1週間たって、やってもいないのなら実際には興味の無い事と認識する。
  5. もし1週間たっても、なんらかしらの成果が出ないなら、実際には強みでは無いと認識する。
  6. 1週間たったのち、成果も順調で、いろいろな事が身についているなら、それは自分の強みかも知れないと認識する。
  7. 4~6について考え、自分なりにまとめ、2に戻る

 

 まあ、以上のような事を個人的には習慣にしています。このおかげで定期的に自分の中の意識していない癖・傾向・習慣等がわかるようになりました。そういう意味でストレングスファインダーはとても役にたっています。興味のある人はご一読を。

 

最初に書きましたが、このストレングスファインダーの本のポイントは付属しているIDですので、購入の際は新品にしましょう。中古だとIDが使用済みなはずです。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす