amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

かまってちゃん

最近、たまたまかも知れないが、私かまってちゃんだからみたいな事を良く聞く。良くわからない人のために説明すると、かまってちゃんというのは、かまって欲しがる人という事のようだ。
 
つまり、平たく言うと、かまってちゃんというのは、寂しがり屋という事で、私、かまってちゃんだからというのは、私寂しがり屋なのという事のようだ。
 
自虐的に使われる事の多いこのセリフだが、そんなに悪い事なのかと思う。人は誰しもかまって欲しい生き物だと思うし、その意味ではみんなかまってちゃんなのだ。
 
盛大に言い切って見たものの、個人差はあると思う。例えば、一般的に言って、ひとりっ子の人でかまってちゃんという人はあまり見ない。一人でいる事に慣れているのであろうか?。逆に末っ子はかまってちゃんが多いように思う。
 
個人的にはかまってちゃんより、他人との関わりを持ちたがらない人の方が怖い気がする。他人との関わりを軽視するので、他人を無視した行動をとるからだ。
 
ようは、かまってちゃんの人との接し方だと思う。自分はかまってくれる事を欲するばかりで、他人はお構いなしというのでは、さすがに困るし、例えかまってちゃんであっても、人に構われるだけの物があればあまり問題にもならないのだと思う。
 
自分の友人がちょっとさみしいから飲みにでも行こうかと言えば、私は急用でもなければ断らない。結局は私がかまいたがりちゃんだというだけの話かもしれないw