amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

パソコンの知識にこだわるのはおじさん

最近、すごい気になるというか思う事がある。それは、年配の人のITコンプレックスは結構すごいという事。まあ、ITコンプレックスというよりはPC恐怖症?まぁ、呼び名はなんでも良いんだけど、自分なんかの世代の人と比べると格段の差があるなという事。

 

具体的にどういう事かというと、年配の人(だいたい50代以上の人)は聞いてもないのに結構PCとか使ってる(特に仕事で)アピールをしてくる。相当すごいところまで使いこなせる風な事を言う、酷いのになるとシステム開発に加わったとか、ちょっとしたプログラムなら使えるみたいな話をしてくる。

 

しかし、実際に仕事を一緒にすると今の仕事でPCを使わないなんてほとんど無いからすぐボロが出る。かな変換が良くわからないなんてのはザラで、入力なんかもとにかく遅いし、とても使いこなしてるなんてレベルではない。

 

別に年配の人がPCを上手く使えないという事に文句をつけてる訳ではない。むしろ使えなくて当然くらいに思っている。自分らの年代は小さい頃からファミコンで育っている。ファミコンがPCの機能なんて無いのは百も承知だが、そこから、リセット・セーブ・ロードといったような概念をみんな体感で理解していく。その差はかなり大きいと思っている。だからこそ、年配の人がPCを上手く使えない事には何にも文句がない。

 

ただ、それだけ使えないのにも関わらず、PC使えますアピールをしてくる年配がやたら多い気がする。別にその事に文句をつけたいわけではなく、逆にすごいコンプレックスなんだろうなとただ思った。その事を文章にしてみただけ。

 

自分らの年代でもPCが(相対的にだが)上手く使えない人間はいる。だいたい自宅にPCがあるないだけでも、PC操作や知識に差が出てくる。しかし、同年代でPCが使えないのにPC使えるアピールをしてくる人はかなり少ない。また、知人でPCとかにまったく無頓着だったが、出会い系サイトにどっぷりはまって、すぐにPC操作を覚えた人間を知っている(笑)。

 

やっぱり、若者はPCにコンプレックス等感じる人は少ないのではないだろうか、まあ、年齢的な事を言う人もいる。いわく、年寄りはやっぱり覚えられないよと。しかし、年配の方でもPC等をすごく使ってる人もいる。例えば、割と年配なのにもかかわらずタブレット等をもっていて、旅先の写真等を見せてくれるような人だ。

 

こういう人は、PC以外にもデジカメや家電等にも詳しく、自分なんかも舌をまくぐらいいろんな事に詳しい。タブレットを買った理由についても、笑いながら老眼だからスマホだと見にくいのでタブレットを買っちゃったよ、なんて平気で言う。まったく不思議な物だ。

 

ま、だから詳しい人が偉くて、PCコンプレックスがある年配がだめだというつもりはない。人はわからない事は大きく見えるもんだなとそんな話。