amazonそして、なんちゃってDJ

好きな本・書籍とか、思いついた事、気になる音楽とか、ガールズ&パンツァー(ガルパン)とか徒然草

アウトキャストを見る為にdTVに加入してみた件

最近、評判になっているアウトキャストという海外ドラマを見たいのでdTVに加入してみた。アウトキャストというのは大人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」の原作者ロバート・カークマンによる原作。アメコミ好きにはウォーキングデッドだけでなく、マーブルゾンビーズの原作者としても有名か。まずはともあれ予告編を見て下さい。

 

 

ちょーかっこいい。ストーリーとか動画からは全然わからないけれど、とにかく見てみたいと思いました。「ウォーキングデッド」も「マーブルゾンビーズ」もストーリーはぶっ飛んでる事間違いなしなので、予告や前評判でどうこう判断するより見た方がはやいなと見る事を決意。

 

で、このアウトキャストなんですが、FOXで放送するという事なんですが、ちょっと自宅の関係上FOXの契約するという事が私はできないのでなんかいい方法ないかと探していたらありました。dTVによる視聴です。私はスマホをドコモと契約しているのでこれはちょうど良いという事で、早速契約する事にしました。興味がある方はこちら。

株の初心者が読むべきおすすめ本4冊

先日、友人が株をはじめると話していた。株にはいささか知識があるので、いくつか株の初心者向けおすすめ本を紹介した。ついでにブログにもまとめておきたいと思います。もし、株を始めようという初心者の方いらっしゃったら、悪い事は言わないので今からおすすめする本を読んでから株を始めても遅くないと思います。それでは早速。

 

臆病者のための億万長者入門

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)

 

 この本は株だけではなく、不動産や保険等、投資や金融商品が本当はどういう物かという事を書いた本。この本を読む事によって株だけではなく、お金や投資といったものにどういう風に向かい合えばいいのか考えさせられる本。橘玲さんの本は読みものとしてもおもしろいので株の初心者に是非ともおすすめしたい本です。

 

臆病者のための株入門

臆病者のための株入門 (文春新書)

臆病者のための株入門 (文春新書)

 

 おなじく橘玲の本で、「臆病者のための株入門」。先に紹介した「臆病者のための億万長者入門」と違い、実際の株式投資に特化して話が進められている。「臆病者のための億万長者入門」を読んで、まずお金についての知識がついたら読むべき株初心者本。具体的にどうすればいいのか書いてあるので、極端な話その通りにやれば良いと思う。で、実際にどうすればいいのかは本書で。

 

敗者のゲーム

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉

 

 先に紹介した2冊の株おすすめ本で株について理解したら今度は本格的に理論的にどうしたら良いかを知る為に本書「敗者のゲーム」を読むべき。「敗者のゲーム」とは、なんとなく悲観的なイメージが伴うフレーズだが、なぜ本書が「敗者のゲーム」となっているかは最初にわかる。数字やデータが出てきて理論的な話になるが、ページ数もそんなに多い方ではないので、この本を読むのが辛いようでは株の初心者から抜け出す事は難しいかも。何しろ次にはもっと大容量の本を紹介するつもりなのだから。

 

ウォール街のランダム・ウォーカー

 最後に紹介するのは株の初心者から卒業するのにおすすめかつ、インデックス投資の教科書とも言うべき存在「ウォール街のランダム・ウォーカー」の最新版。この本は今まで紹介してきた株の本の中でもページ数も多くなおかつ内容も高度。しかしこれを読み切る事ができたのなら株の初心者からはすでに卒業できてるだろうというおすすめ本。株式投資のプロと呼ばれている人達が、いかに失敗しているのか、そして成功は続かないのか。さらにではどうしたらいいのかが、これでもかこれでもかという形で出てくる。洋書の翻訳した本にふさわしく、途中ウィットなジョークがでてくるが、それでもこの本を読むのは、よっぽどの読書家じゃないとしんどいとは思われるが、だからこそ、読み切った暁には、株の初心者から無事に卒業出来ている事だろう。

ドラッカー初心者が最初に読むべきおすすめ本4冊

このブログでも時折紹介していますが、私はドラッカーの本がとても好きです。でもブログとか雑誌で紹介されている本はドラッカーが書いたというよりは、本の著者がドラッカーをネタにドラッカーについて書かれてる物が多いです。そういった本も初心者向けとしてはいいのですが、ドラッカーの本は専門用語等を出来るだけ避けていて、特に専門知識がない初心者でも読める物が多数です。ですので、ドラッカーの本を読んでみたいけど敷居が高いなと思う人は、そんなに心配なさらずにいっその事、読んでみた方がいいんじゃないかと思います。

 

とはいっても、最初に何を読んだらいいかわからないよという初心者の為に、ドラッカーの著作を全て読んだ事のある私が、「ドラッカー初心者が最初に読むべきおすすめ本4冊」をご紹介したいと思います。是非読んでみて下さい、おすすめです。

 

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件

 

 まず、最初におすすめしたいのが、この「経営者の条件」。経営者の条件と書かれているが、実際には仕事をする時にどのようにすればいいのかという事が書かれた本。ドラッカーの本は大半が経営はこのようにすべきという事が書かれた物が多いが、これは、どのように仕事に向きあい、考えればいいのかが書かれた本。一読すれば、自分が仕事をする上でどのようにすればいいのかのヒントになるはず。

 

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営 

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営

ドラッカー名著集 4 非営利組織の経営

 

 ドラッカーは一時期、学校や病院等、非営利組織の経営に着目していた。その洞察から得られたのが本書「非営利組織の経営」。別に非営利組織なんて興味ないよとか、自分に関係ないよとお思いの方も多いと思われるが、結局、経営は営利も非営利も関係なく、やるべき事があるという事がわかる一冊。また、他のドラッカーの本と比べても読みやすいので、興味がなくても読んでみて損の無い一冊。おすすめです。

 

ドラッカー名著集 6 創造する経営者 

創造する経営者 (ドラッカー名著集 6)

創造する経営者 (ドラッカー名著集 6)

 

 続いて紹介するのは、ドラッカーが経営について語った「創造する経営者」。経営とはどうするべきか、経営者はどう考えどう実践するかを書いた一冊。ドラッカーの著作でおそらく唯一数字やデータが出てくるという珍しい一冊。とはいっても難しい数式とかは出てきませんのでご安心を。

 

ドラッカー名著集5 イノベーションと企業家精神

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

 

 ドラッカーは常々、経営とは究極的にはマーケティングイノベーションというような意の発言をしているが、その中のイノベーションについて書かれた一冊。今でこそ、イノベーションについて書かれた本は沢山でているけども、もしイノベーションとは何かという事を知りたいなら、何よりも先に読んだ方が良い一冊。イノベーションが何かという事がわかるだけでなく、物事を見る眼、発想の仕方を変えてくれる一冊。おすすめです。

 

 おまけ ドラッカー先生の授業 私を育てた知識創造の実験室

ドラッカー先生の授業 私を育てた知識創造の実験室

ドラッカー先生の授業 私を育てた知識創造の実験室

 

 おまけ この本は実際にドラッカーの授業を受けた著者が、ドラッカーとのエピソード等を中心にドラッカーの思想を紹介していく本。ドラッカーとのほほえましいエピソード等があったり、読み物としても楽しいです。

 

いかがだったでしょうか、「ドラッカー初心者が最初に読むべきおすすめ本4冊」。意外に長くなりましたが、ドラッカーの本にこう読まなくてはいけないという決まりはありません。今回ご紹介したなかでちょっとでも気になったものがあればそこから読めばいいと思います。なんだったらここで紹介していない本からでも問題ありません。自分が読みたいという思いがなにより大切なんです。ドラッカーの本を読んでみたいけど、どうしたらいいのかわからない、そんな人達のお役にたてれば何よりです。

知波単学園とは何か?【知波単学園の福田は眼鏡かわいい!】

前回は継続高校について書いたので、今回は知波単学園について書こうと思います。知波単学園ガルパン劇場版が発表されてからいろいろ情報が公開されているので、みなさん御存じだと思いますが、色々調べてみるとこの学校もかなり面白いです。

 

まずは名前の由来から。九七式中戦車チハ、及び長砲身47mm砲搭載型の通称新砲塔チハから来ていると考えられ、同校の主力戦車ともなっている。過去には戦車道全国高校生大会ベスト4に進出した経験があり、その時の戦法が全車両による突撃戦法だったために、その成功した戦術が伝統になっているとの事。まあ、日本がモチーフですよね(笑)。作中でもとにかく突撃したがるのと時代錯誤的な立ち振る舞いが印象的です。

 

そんな知波単学園の面々を演ずるのはこの方たち

名前の由来も調べて見たので書いてみますね。

西 絹代 1932年開催の初回ロサンゼルスオリンピックでの馬術障害飛越競技金メダリストであるバロン西こと大日本帝国陸軍中佐・西竹一と女優の田中絹代

玉田 陸軍軍人の玉田 美郎か?。最終階級は陸軍中将。ノモンハン事件において独立混成第1旅団麾下の戦車第4連隊連隊長として戦史上初の装甲部隊による大規模な戦車夜襲を決行した。

福田 福田定一と思われる。日本陸軍戦車学校に入学して戦車戦術を学び、終戦時は内地の戦車連隊の陸軍少尉。後年小説家となり司馬遼太郎と名乗る。こちらの名前の方が有名か。

細見 日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。西住小次郎の上司にあたり西住の名を世間に広めるきっかけとなり、菊池寛が「西住戦車長伝」を書く遠因となる。ガルパン世界で西住小次郎と西住みほ・まほ姉妹とどういう関係があるのかは不明。

 

知波単学園はとにかく突撃を繰り返そうとするところが笑い所だと思いますが、劇場版ガルパンにてその意識がちょっとかわっていきます。そんな彼女らの成長を見るのもガルパン劇場版の魅力かも知れませんね。

継続高校とは何か?【ガールズ&パンツァー】

ガールズ&パンツァー劇場版の興奮がさめやらないので、ガルパンネタについて知っている事を書いていこうと思います。今回の記事はガルパン劇場版でも人気が高いと思われる継続高校について。

 

まず、継続高校の名前の由来になっているのは、継続戦争という第二次世界大戦と同時期に行われた「フィンランド」の戦争。継続高校の隊長のミカが弾いてるのは「フィンランド」の民族楽器のカンテレ。またミカがスナフキンみたいな帽子をかぶっているのも、ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンが「フィンランド」人である事を考えればうなずける。

 

そんな継続高校の3人を演ずるのはこの声優の方々。

名前の由来はフィンランド人監督ミカ・カウリスマ、アキ・カウリスマ兄弟と駐日フィンランド大使館の参事官として日本へ赴任してきたミッコ・コイヴマーからか?。

 

で、ガルパンOVAにて継続高校の隊長は有能で苦戦したと、主人公西住みほに語られるシーンがあるけれど、これはおそらく上記の継続戦争を乗り切ったカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムがモチーフなんではなかろうかと。マンネルヘイムは軍人でありながら大統領にもなり、軍人にありがちな軍事偏ることなく、ドイツとロシアの板挟みにあうフィンランドの独立を維持しました。

 

劇場版ではどちらかと言うと新キャラの方が活躍や見せ場が多いと思います。そんな継続高校のウンチクを知って、また劇場版をみるとまたおもしろく見れるかも。そんな継続高校のウンチクでした。

 

【12/13 追記】

・BT-42

ミカが率いる継続高校が人気なのでさらにウンチクを追加。ミカの継続高校が使用している戦車はBT-42。敵であるロシアから鹵獲(敵から奪って利用する事。軍事用語)したBT-7を改修し制作。全部で18台しか作られなかったレア戦車。ちなみに、BT-7はアメリカのJ・W・クリスティーなる人物によって設計される。すなわち天下のクリスティ式。改修して戦車内は広くなったものの狭くて不便。戦車の操作も不便と伝えられる。なぜ、そんなところでカンテレを弾いてる、ミカ(笑)。

・カンテレ

気になってる人も多い継続高校のミカが弾いてる楽器。神話上の人物(神?)であるワイナミョイネンが作ったとされる民族楽器。5弦から39弦になるものがあり用途に応じて使い分けられる。とはいえ戦車内で弾く事はかのワイナミョイネンも想定していなかったであろう(笑)。2008年には日本カンテレの会が設立され、札幌の高校で授業にとりあげられる。なお、ミカの継続高校の本拠地は石川県である模様。カンテレという名前ではあるが、関西テレビの略称の方ではないので注意(笑)。

イノベーションと企業家精神 【書評】

ちょいちょい記事にも書いてますが、私はドラッカーが好きでドラッカーの本を良く読みます。その中でも一番好きなのが、今回のタイトル「イノベーションと企業家精神」という本です。

 

この「イノベーションと企業家精神」という本は、私が一番好きな本なんですが、あまり語られる事がない本だと思います。ドラッカーというと「もしドラ」の本の中にも出てくる「マネジメント」や、実際のビジネスマンがどのように仕事をすべきかを語った「経営者の条件」が有名だと思うのですが、私は断然「イノベーションと企業家精神」を推したいと思います。

 

では、早速この「イノベーションと企業家精神」という本の内容を紹介したいと思うのですが、この本は大きく二つのパートに別れていて、イノベーションを起こす為にどういった事に着目すべきか?という事について書かれた前半と、実際にイノベーションを起こす為に、会社は何をすべきか?どういう戦略をとり、どういう組織を作ればいいか、という事が書かれている後半に別れます。

 

で、「イノベーションと企業家精神」前半部。まずのっけから眼から鱗が落ちたのが、イノベーションは技術的な事に限らない、むしろ社会的な影響から考えると、技術的なものでないイノベーションの方が影響力が強いという事。

 

割賦販売というイノベーションが発明された事によって、消費者の購買力が上がった事。マキャヴェリが「君主論」を書いた事によって、近代政治に大きく影響を与えた事。日本が明治維新の際に技術的な事は海外から輸入し、学校や銀行や労組のような公的機関を整備したから近代化に成功した事が本書「イノベーションと企業家精神」には挙げられています。

 

このようなイノベーションとは何かという話からはじまり、次にイノベーションを起こす為に、どこに着目すれば良いかについて書かれている。

「イノベーションと企業家精神の7つの機会」

1.予期せぬ成功と失敗を利用する

2.ギャップを探す

3.ニーズを見つける

4.産業構造の変化を知る

5.人口構造の変化に着目する

6.認識の変化をとらえる

7.新しい知識を活用する

 この7つのイノベーションの着目点は、同時にイノベーションの成功率順にもなっていて、1が一番簡単で7が一番難しいとなっている。また、1~4は企業や産業や市場内部で発見出来る事となっていて、5~7は企業や産業の外部で見つける事が出来ると書いてある。この7つの着目点を体系的に観察する事によって、「ビジネスになる」イノベーションを起こす事が出来る。

 

 「イノベーションと企業家精神」の後半は、前半に語られた着目点によって着想されたイノベーションのアイディアを実践するには、どのような組織・どのような戦略が必要かという事について語られる。

 

特に組織については、財務はこういう風にした方が良い、人事に関してはこういう風にした方が良いという多くのアドバイスを得る事が出来るし、その考え方には脱帽せざるを得ない。

 

最後に、多くの人は仕事の中で、イノベーションとかそういった事に関わらない人が多数だと思う。けれども、特に前半部分のイノベーションの着目点に関しては、自分が仕事をする上で、また仕事以外でも、アイディアを考える時にはどのように考えたら良いか?という事を考えさせられる内容でもあるので、興味のある人は是非この「イノベーションと企業家精神」を読んでみて欲しいと思います。

 

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

 

 

ドラッカー名著集5 イノベーションと企業家精神: 5

ドラッカー名著集5 イノベーションと企業家精神: 5

 

 

お前らがぎゃーぎゃーうるせえから、中小ブログにはてぶが付かなくなっただろうが。

お前らが身内ではてぶするのがどうだ、はてなブログのトップにトマト画像ばっかりになるとかぎゃーぎゃー喚きやがるから、最近はてなブックマークされる数が減っちまっただろうが。

 

確かに、それでもはてなブックマークされてるブログやサイトはあるけれども、だいたい大手の有名ブログばっかりじゃねぇか。そんなとこはだまってたって話題になったり、他のブログで取り上げられたりするんだよ。

 

でもよ、はてなブックマークのおもしろいところってそういう所だけじゃねーだろうが。自分が知りもしないようなブログの記事を、どっかのだれかが評価してあがってくるから、おもしれえんじゃねーかよ。

 

それを自分の価値観にあわねえってだけでぎゃーぎゃー喚きやがるから、そういう中小のおもしろいブログの記事があがってこなくなっちまっただろうがよ。はてなブログのトップページがトマトだらけになったからって、そんなの一時的な事に決まってんだから、それが多少気に入らねえからって騒ぐんじゃねーよ。

 

そんなに気にいらねえんなら、むしろ自分がもっとおもしろい記事書いてトマトに割こみゃいいじゃねえか。

 

あー、もう本当に下らない。だいたいどんな規則やシステムだって万人に上手くは働かない。だからこそ、そのシステムや規則を上手く使っていくって事が大事なのに、そんな事はおかまいなし。何にもしないで、ただ待ってれば自分が望む有益な情報が、自分が望んだ形で来るとでも思ってるんだろうか。

 

それよりも、まずは情報が自分の所に上がるようにして、その情報を自分が仕分けるってのが現実的な話だろうが。あーつまらん。